転職の時期を見極める方法をご紹介!転職職時期を年代別にポイント解説

転職

職場



転職市場には、求人が増えるタイミングとそうでない時期があります。

そういった波がありますので、転職を考えている方は時期をうまく選ぶと転職の成功率も上がると思われます。

では、第二新卒・中途採用にとって、転職のベストシーズンはいつ頃なのでしょうか?

転職市場の動向を参考にする

企業の採用ニーズが高まる時期

企業の採用ニーズが高まる時期は年度末(3月~4月)と年度中間(8月~9月)であり、
これらの時期に転職を検討すると良いですが、同時期に応募者が増えるということでもあります。
採用のニーズと求職者が増えることや選考が長引くことを考慮すると、時期を見据えて動くことも注意した方がいいでしょう。

一般的な転職市場の動向や繁忙期と閑散期も参考にしつつ、自分自身の考えと全体スケジュールをよく見極めることが大切です。
転職活動は各業界や職種によって異なるため、以下に求人数の変化とタイミングについて紹介します。

求人数の変化とタイミング


企業側が新規で採用を希望する数と求職申込の件数を推移で見ると、1月が中途採用活動の繁忙期であり、12月が閑散期と言えます。
これは年度切り替えに伴う退職者の後任補充や新規事業のスタートによるもので、転職市場には一定のサイクルがあることが分かります。

分析をすると企業の決算期や賞与支給日に影響を受ける時期と重なっており、採用企業の動きはそういった節目によって変動するといえます。
これらの情報を踏まえ、中途採用の活発な時期と閑散な時期を把握して転職活動を計画することが重要です。

※参考資料 「中途採用に適した時期とは?」
https://www.saiyo-doda.jp/guide/kihon/time

理想的な転職時期を見極めるポイント

理想的な転職時期が決まっているわけではありませんが、節目ごとに求職のニーズが高まる時期があることを説明しました。
では、実際にどのように自分にあった転職時期を見極めることができるのでしょうか?

私自身、転職を検討した際は何となくのタイミングになることもありました。
ですが、自分の状況やタイミングごとにポイントがあると自分を客観的に判断できるので、是非参考にしてみてください。

自分の状況や経験を考慮する


長期休暇がある時期は、まとまった時間を使って職務経歴書の作成や企業の検討などを行うことができます。
特に転職活動の初期段階であるプランニングや応募書類の作成に十分な時間を取りたい場合には、これらの長期休暇を利用することが有効です。

ただし、転職活動のプランニングは早めに行い、退職までのスケジュールを逆算して計画することが重要です。
各休暇期間の特徴を理解し、自分の状況に合ったタイミングで転職活動を進めることが成功へのカギとなります。

タイミングとライバルの関係性

初めにご説明させていただいたときにもありましたが、ニーズが高まるタイミングが年度末と年度中間と言われています。

自身の転職タイミングをこれらに合わせたり、社内との調整を見越して事前に動いておくことはとても大切ですね。
一方で、ニーズが高まる分ライバルが増えるというのも事実です。自分の転職のタイミングについては

・スキルが希望の会社にマッチしているのか
・転職先の企業でのキャリアアップが実現できるのか

等も考慮して、しっかりと事前の準備をしておきましょう。

年齢別の転職タイミング

年齢をきっかけに、もう転職をした方がいいのかな、と考える人は多くいらっしゃいます。

ただし、一番いい転職時期というのは、年齢というよりもむしろ経験やスキルに影響する言えるでしょう。

それでは、年代ごとにそのポイントを見ていきましょう。

20代の転職時期

第二新卒(22~24歳)の転職は、ミスマッチを感じたため異なる仕事へのキャリアチェンジを志向する傾向がありますが、不況時には経験者の求人が増えるため注意が必要です。

転職活動では基本的なコミュニケーションスキルやビジネススキルのアピールが重要で、未経験の職種にも意欲を伝えることが可能性を高めます。

25~29歳の転職では、現職での実績が有利に働くことがあります。

企業はこの年代を将来の管理者候補として期待して採用する傾向があるため、リーダーシップをアピールすると良いです。

転職活動を検討する20代は、自分の理想の働き方を見つける機会として、また企業側からは将来性を見込まれるポテンシャル採用として注目されています。

30代の転職時期

30~34歳の転職では、即戦力性が求められ、マネジメント経験があれば評価が高まります。

実績を重視する企業が多く、キャリアと条件面の両方を考慮して転職のタイミングを検討する必要があります。

35~39歳の転職は、新しい職場での柔軟性が重要で、前職の経験を活かして自分を変えられるかがポイントです。同業種かつ同職種の転職が多く、異業種・異職種への挑戦も可能ですが、年収や待遇について下降する可能性も考慮すべきです。

転職の際には自分の経験とスキルを適切にアピールし、転職先での活躍をイメージして臨むことが重要です。

40代の転職時期

40歳以上の転職では、経験を生かした成果や変化をもたらすことを期待され、高度な専門スキルやマネジメント経験が重要視されます。

転職理由や志望動機には年齢相応の内容が求められ、条件や不満だけでなく、より高い視点でアピールする必要があります。転職回数が少なく、年齢が高いほど柔軟性や順応性をアピールすることが重要です。

40歳以降の転職は管理職から管理職への転職が多く、通常の転職求人サイトでは募集が少ないため転職エージェントやヘッドハンティングが活用される傾向にあります。

この記事の著者

おすすめ記事

訪問介護と訪問看護の違いとは?それぞれのケア内容について解説

派遣のキャリアマルシェ_編集部

介護現場における個人情報保護マニュアルとは?必要性と作成方法について解説

派遣のキャリアマルシェ_編集部

介護職に求められる言葉遣いとは?基本のチェックリストと接遇マナーを合わせて解説

派遣のキャリアマルシェ_編集部

「介護職員処遇改善加算」とは?取得の条件や給与明細での手当金額について解説

派遣のキャリアマルシェ_編集部

関連記事

更新日:2024/05/15

介護施設には転職前に見学すべき?施設見学の目的やメリット、服装やマナーなどのチェックポイントを解説

派遣のキャリアマルシェ_編集部

更新日:2024/05/10

介護職員の人間関係の悩みはなに?改善方法やいい環境への転職方法を解説

更新日:2024/05/09

介護施設にもホワイト企業がある?業界の状況や転職時に参考になる優良企業の特徴を解説

派遣のキャリアマルシェ_編集部

更新日:2024/05/08

面接で介護施設の転職理由や、退職時の理由を聞かれたときの対処は?嘘をつくことの弊害とリスクを解説

派遣のキャリアマルシェ_編集部

更新日:2024/05/07

介護士転職で外せない条件は?理想の職場に出会い後悔しないための成功ポイントを解説!

派遣のキャリアマルシェ_編集部

更新日:2024/05/28

訪問介護と訪問看護の違いとは?それぞれのケア内容について解説

介護現場における個人情報保護マニュアルとは?必要性と作成方法について解説

更新日:2024/05/17

介護職に求められる言葉遣いとは?基本のチェックリストと接遇マナーを合わせて解説

更新日:2024/05/16

「介護職員処遇改善加算」とは?取得の条件や給与明細での手当金額について解説

更新日:2024/05/15

介護施設には転職前に見学すべき?施設見学の目的やメリット、服装やマナーなどのチェックポイントを解説

更新日:2024/05/14

介護士の給料相場は?施設形態・地域・資格別の平均年収や給与アップの方法を解説

更新日:2024/05/10

介護職員の人間関係の悩みはなに?改善方法やいい環境への転職方法を解説

更新日:2024/05/09

介護施設にもホワイト企業がある?業界の状況や転職時に参考になる優良企業の特徴を解説

更新日:2024/05/08

面接で介護施設の転職理由や、退職時の理由を聞かれたときの対処は?嘘をつくことの弊害とリスクを解説

更新日:2024/05/07

介護士転職で外せない条件は?理想の職場に出会い後悔しないための成功ポイントを解説!

人気記事ランキング

よく読まれているタグ

公式SNSアカウント

Instagram

Twitter

Facebook

関連サイト

スタッフ満足度
90%超!

あなたの希望にぴったりな
介護のお仕事がみつかる!

無料登録はこちらから