介護派遣は本当に気楽?仕事内容や経験が必要なのかメリデメを徹底解説!

派遣

介護

転職

職場


介護派遣は、働く人々にとって気楽な働き方の一つとされていますが、その実態はどうなのでしょうか?

介護派遣の仕事内容や経験の必要性、そしてメリットとデメリットについて、徹底解説します。

介護派遣の魅力とされる、気楽に働くことやフレキシブルな働き方についても詳しくご紹介します。

介護派遣は正社員と比べて気楽に働ける?


高齢化の進行による要介護高齢者の増加により、年々介護職の需要が高まっています。

そのため、介護業界では正社員や非正規雇用(パート・アルバイト)、派遣雇用、契約社員など、さまざまな雇用形態の求人が多数掲載されています。

特に介護派遣は、働く時間や日数を、登録している派遣会社を通して交渉できるため、正社員よりも気楽に働けることが魅力です。

介護派遣は、まず派遣会社に登録し、派遣会社を通じて、希望に合った勤務先を紹介してもらうという流れで働きます。

未経験や無資格の方でも、介護派遣として働くことが可能です。

また、介護福祉士の資格を有していることで、即戦力として働くことができるため、無資格者や未経験よりも高時給を目指すことができます。

介護派遣の魅力!気楽に働くメリットを徹底解説


「介護派遣って本当に気楽に働くことができるの?」

「正社員の方が安定しているイメージがあるけど、介護派遣にメリットはあるの?」

このような不安から、介護派遣として働くべきか迷っている方は多いのではないでしょうか。

ここからは、介護派遣として働く魅力やメリットを4つご紹介します。

介護派遣の時給が高い人とは

厚生労働省が公表している「令和3年度介護従事者処遇状況等調査結果」では、介護派遣の平均時給額は1,130円と報告されています。

※引用:「令和3年度介護従事者処遇状況等調査結果(p.25)」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/jyujisya/21/dl/r03gaiyou.pdf

このデータはあくまで平均値のため、勤務先の介護施設・介護事業所によっては、正社員よりも高時給で働くことも可能です。

また、高時給で働くことができる介護派遣の特徴は主に以下の3つです。

・介護福祉士や社会福祉士などの上位資格を保有していること
・介護リーダーや介護主任として働いた経験があること
・夜勤や早出、遅出などの人手が不足しがちな時間帯に勤務できること

この条件のいずれかを満たしている介護派遣は、即戦力として働くことができるため、勤務先の介護施設・介護事業所から重宝されます。

なお、保有資格があることで資格手当が支給されたり、夜勤に入る日数を増やすことで夜勤手当が支給されたりするため、さらなる昇給を目指すことが可能です。

介護派遣なら豊富な職場から選択できる

1つの勤務先で長く働くことが求められる正社員とは異なり、介護派遣には3ヵ月程度の雇用期間が定められています。

そのため、特別養護老人ホームや有料老人ホーム、グループホーム、デイサービス、訪問介護事業所など、さまざまな勤務先で経験を積むことが可能です。

複数の介護施設・介護事業所で経験を積んだあと、「自分に合っている」と感じる勤務先を選び、介護派遣から正社員登用を目指すこともできます。

ワークライフバランスを重視した柔軟な働き方が可能

介護派遣の雇用主は派遣会社のため、契約外の残業や夜勤を頼まれることはありません。

また、「短時間勤務希望」「日勤のみの勤務希望」など、求職者の希望に合う勤務先を派遣会社から紹介してもらうことも可能です。

そのため、介護派遣はワークライフバランスを重視した柔軟な働き方ができます。

未経験も歓迎しており気楽に介護業界に飛び込める

人手不足問題を抱えている介護業界では、未経験の介護派遣も歓迎しています。

派遣会社に登録することで、未経験でも安心して働ける「教育体制」が整っている勤務先を紹介してもらえます。

また、派遣会社が勤務先に給料や勤務時間などの条件交渉を行ってくれるため、未経験者でも気楽に介護業界へ飛び込むことが可能です。

介護派遣のデメリットもチェック!気楽さの裏側


介護派遣は気楽に働ける一方で、いくつかのデメリットもあります。

これから介護派遣を始めようかとお考えの方は是非、デメリットも知ったうえで介護派遣として働くことをご検討ください。

ここからは、介護派遣として働くデメリットを3つご紹介します。

派遣期間や更新に不安?雇用形態の限定性

介護派遣は一般的に、3ヵ月〜半年程度の雇用期間が定められています。

雇用期間満了時に、契約の更新を行えば1つの勤務先で長く働くことが可能ですが、突然契約の更新を断られてしまう可能性もあります。

そのため、「いつ契約の更新を断られてしまうのか」という不安を抱えている介護派遣の方も多く、正社員のように安定性がないことがデメリットです。

正社員ほど充実しない福利厚生

介護派遣は、福利厚生の対象にはなりません。

資格取得支援制度や住宅手当、育児関連手当、リフレッシュ休暇など、正社員に適用される福利厚生の対象とならないことが、介護派遣のデメリットです。

また、正社員に支給される賞与(ボーナス)が介護派遣には支給されないため、仕事のモチベーションが保てないと悩む介護派遣も少なくありません。

人間関係を構築しづらい

介護派遣は、3ヵ月程度の契約期間が決められており、職場の雰囲気や仕事内容が合わないと感じたら、契約の更新を断ることができます。

そのため、勤務先の職員から「どうせすぐ辞めるんでしょ」と思われてしまいがちです。

人間関係を構築しづらく、職場に馴染めないと悩む介護派遣が多いことが現状です。

介護派遣と正社員をかんたん比較!
自分に合った働き方を見つけよう


「介護派遣と正社員には、具体的にどのような違いがあるの?」

「気楽に働ける介護派遣と、安定している正社員とどっちが自分に合ってるの?」

このような不安を抱えてしまい、なかなか介護の仕事を始めることができないという方も少なくないでしょう。

ここからは、介護派遣と正社員の違いについて詳しく解説していきます。

介護派遣と正社員の主な違い

介護派遣と正社員の主な違いは以下の3つです。

・雇用主の違い

・働き方と給料の違い

・雇用期間の違い

その他にも、賞与の支給や福利厚生の利用についての違いがあります。

介護派遣と正社員のそれぞれの違いは、以下の通りです。

介護派遣

雇用主:登録している派遣会社

 

働き方:「日勤専従」「夜勤専従」「遅出のみ」など、自分自身の

希望に合った時間帯で働くことが可能

 

給料:時給制が一般的(平均時給額:1,130円)

※「令和3年度介護従事者処遇状況等調査結果(p.25)」より

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/jyujisya/21/dl/r03gaiyou.pdf

 

雇用期間:3ヵ月や6ヵ月などの雇用期間が定められている

 

その他:賞与の受け取りや福利厚生の利用ができない

正社員介護士

雇用主:勤務先の介護施設/介護事業所

 

働き方:4交代制(日勤・夜勤・早出・遅出)の不規則勤務を

シフト制でこなす

 

給料:月給制が一般的(平均月収額:348,040円)

※「令和4年度介護従事者処遇状況等調査結果」より

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/jyujisya/22/dl/r04kekka.pdf

 

雇用期間:雇用期間の定めがないため、無期雇用で労働可能

 

その他:賞与の受け取りや福利厚生の利用ができる

どちらの働き方が自分に適している?

介護派遣と正社員、どちらの働き方の方がいいということはありません。

働く方の希望や仕事に対する目標に合わせて選ぶことが大切です。

介護派遣と正社員、それぞれの働き方に向いている人の特徴は以下の通りです。

【介護派遣に向いている人】

・家事や育児との両立をさせたい方

・本業の合間に介護の仕事をしてみたいと考えている方

・職場の人間関係トラブルに巻き込まれたくない方

【正社員に向いている人】

・夜勤や早出、遅出などの不規則勤務でも体調を崩しにくい方

・介護リーダーや管理職への昇進を目指している方

・社会福祉士や介護支援専門員(ケアマネジャー)などの上位資格の取得を目指している方

まとめ:
介護派遣は本当に気楽?デメリットも理解した上で選ぶべし


介護派遣は、未経験や無資格でも働くことができ、希望する日時に自分のペースで働くことができることが特徴です。

また、勤務先の介護施設・介護事業所によっては、正社員よりも高い時給がもらえたり、介護派遣をしながら正社員登用を目指したりすることも可能です。

その一方で、「賞与がもらえない」「契約の更新を断られないか不安」などのデメリットもあります。

介護派遣のメリット・デメリットをきちんと理解したうえで、自分に合った働き方を選ぶことが大切です。

おすすめ記事

男性介護士に注目!将来性と求められること、転職に役立つコツを紹介

介護士へ転職した時の年収は?施設形態や資格別の平均年収と給与アップのポイントを解説

腰痛で転職や退職を考える介護士は多い?負担を掛けない対策法や働く選択肢について紹介

介護の転職面接時はどのような服装がベスト?身だしなみや事前に準備する必要があるものを解説

関連記事

更新日:2024/04/23

男性介護士に注目!将来性と求められること、転職に役立つコツを紹介

更新日:2024/04/19

介護士へ転職した時の年収は?施設形態や資格別の平均年収と給与アップのポイントを解説

更新日:2024/04/18

腰痛で転職や退職を考える介護士は多い?負担を掛けない対策法や働く選択肢について紹介

更新日:2024/04/17

介護の転職面接時はどのような服装がベスト?身だしなみや事前に準備する必要があるものを解説

更新日:2024/04/16

介護業界転職での志望動機の書き方は?履歴書を準備するときのコツや例文を紹介

更新日:2024/04/15

介護職の履歴書の書き方を解説!転職に役立つ志望動機の例文やポイントをチェック

更新日:2024/04/12

介護士への転職を成功させたい!業界の実態とよくある失敗からポイントを解説

更新日:2024/04/11

介護士も今は転職が当たり前に。その理由や求人の選び方、準備のコツを解説

更新日:2024/04/10

介護業界へ40代で転職は可能?仕事内容や未経験からのキャリアについて解説

更新日:2024/04/09

介護士に転職したい!職務経歴書の書き方を例文付きでカンタン解説

人気記事ランキング

よく読まれているタグ

公式SNSアカウント

Instagram

Twitter

Facebook

関連サイト

スタッフ満足度
90%超!

あなたの希望にぴったりな
介護のお仕事がみつかる!

無料登録はこちらから